会社情報

株式会社境食鳥が目指すもの

長年の知識と経験による「技術力」「現場力」を集結し、
養鶏、鶏卵、鶏肉全ての業界の発展に寄与する。

企業概要

社名 株式会社境食鳥
代表者 代表取締役社長 倉持 武
本社所在地 〒306-0414 茨城県猿島郡境町内門657-1
TEL. 0280-87-0038
FAX. 0280-86-7038
資本金 1500万円
設立 1974年2月
従業員数 155名(2018年2月現在)
業種 食鳥の処理加工販売
食肉の加工販売

沿革

1974年 有限会社境食鳥設立 成鶏処理開始
1976年 屠鳥・脱毛処理施設の設置(工場のライン化)
1978年 解体加工施設の増設
1982年 工場の改装
1990年 取引先と合同で鶏骨からスープエキスの抽出工場設立⇒ローズテクノ株式会社
1992年 食鳥検査制度対応の工場増設 生鳥処理⇒解体加工⇒エキス抽出の一貫工程の確立
1996年 有限会社から株式会社境食鳥に
1996年 業務請負会社 有限会社キョウショク設立(社員・パート65名)
骨肉分離機導入⇒ミンチ製造開始
1999年 計量・包装室、冷蔵庫、急速冷凍庫の増設
2000年 さしま食品加工協同組合設立 共同購入、共同販売、研修生の受入等を開始
2001年 X線異物検出機導入
2005年 成鶏のみの化製工場の建設(さしま食品加工協同組合) チキンミール、フェザーミール、骨油のレンダリング事業開始
鳥インフルエンザ防疫対策システムとクリーンゾーンを建設
2008年 生産強化の為、トルクピッカー・トリダス機増設
労働派遣法改正に伴い有限会社キョウショク社員・パートを吸収
生鳥処理ライン増設(輸送ラック対応) 放血室、湯漬槽、解体ラインの延長、改造
2010年 事務所増設、製品検査室新設
金属探知器、X線異物検出機入換え 冷凍後の検査に画像処理システムを導入
2012年 非接触型骨肉分離機導入
2015年 X線異物検出機入換え デュアルエナジーセンサー搭載 3台
2016年 浄化槽増設、解体加工施設の増設、中抜きライン新設
2017年 生鳥処理施設改装 生鳥コンテナラインから移動用ラックラインに工程改造
2018年 オートローダーシステム(トリダスマークⅡ6基)設置
X線検査装置1台導入 既設3台をEタイプ(低密度異物検出)に更新
モモ、ムネ検品検査ラインを各2ラインにし、増産と高精度に工程改造

製品例

アクセス